お知らせ

大阪・豊中の音楽団体「Aiko Friends」とコラボします!

国語・漢字の話題ではありませんが・・・私の好きな「音楽」のお仕事をやらせていただいております。「漢字教育士」関係ある? いや、ないね。まあ、いいじゃないですか。
コトバ

「三点リーダー」使って何が悪い。

>>語尾が「…」ばかり「三点リーダー症候群」相手のせいにするズルさも ハイハイ、そうですか、そうですか…。事前にお伝えしておくと、今回はただのワタクシゴトですので、共感する・しないは求めておりません。
オカルト

呪いを売るのも安くない。(いや、安い?) 〜藁人形を買おう。縁切りに行こう〜

販売サイトを見つけて思わずスクショしてしまった・・・。藁人形を販売しているようだ。
オカルト

透視術「射覆」は現代でもニーズがあるらしい。

射覆(せきふ)とは、平たくいうと「覆い隠された物を当てる占い」です。しゃふく、ではない。もうちょっというと「易占(えきせん)」というものがあって、これが何かと言うと中国の古い占いなんですね。3000年前とかいう、すご〜く昔の話。
コトバ

簡体字が煽られる時代なんやて!

簡体字といえば、中国本土で用いられる字体である。我々日本人もなんだかんだで目にしていることだろう。とはいえ、わかるようでわからない字も多いのでは? 微妙に違うのである。この簡体字だが・・・どうやら香港・台湾からすると何かと話題にあがる存在であるのだ。
お知らせ

新年のご挨拶&リモートレッスンの話を少々。

2020年、相変わらずの低速更新でした。2021年は、もう少しスピードアップできるといいですね。漢字の仕事? そんなものねぇよ
オカルト

2021年1月11日、何かが起こる? オカルト大予想

コロナで荒れに荒れた一年でしたが。2021年はどうなってしまうのか? さて、コロナ第三波がちょうど現れるのは・・・1月上旬だと予想。インターネッツ上のオカルトマニアの予想に乗っかれば、2021年1月11日、まさにドンピシャではないか・・・。
オカルト

ゾンビパウダーで、もう安心だぜ!

本HPには、毎回いろいろな迷惑メールが届くのですが、今回一際目立っていたのがコチラ。
コトバ

古文翻訳も、ついにここまできたか。

光学式文字認識(OCR)を利用した、古文の自動翻訳が想像以上の出来だった。なお厳密には、くずし字(Kuzushiji)のテキスト化となる。
スポンサーリンク