謎の漢字教育士、youtube番組に出演!

お知らせ

漢字教育士、youtubeに出る

先日の宣言通り・・・私、彝沢、youtubeデビューして参りました。

漢字系youtuber 楸(ひさぎ)さん、漢字教育士 いたりぃさんのお誘いを受けまして、漢オタラジオなるものに出演しました!

毎回テーマを決めて、「漢字」に関わる活動をされている方を招聘しているようです。

楸さん・いたりぃさんともに、お二人とも大変お話に長けており、流暢に場は進みます。また視聴者の皆様もコメント欄より参加されていまして、終始和やかな雰囲気だったかと思います。

私自身は、「漢字×デザイン」を軸に諸々話しまして・・・かなり脱線もありましたが、ご静聴の皆様、ありがとうございました!

どこまでボケるか、ネタをブッ込むか迷いましたが、用意していた内容を一通りお話できてよかったです。

なお恥ずかしいので、動画の直リン(※死語!)は用意いたしませんが・・・楸さんのチャンネルからアーカイブの視聴が可能です。もちろん、顔・本名の公開はありません。

>>楸さんのチャンネルはコチラ

漢字×デザイン と言いながらも・・・これはデザインなのかというギモン

ちなみにサムネもは拙作です。

さて、自分でネタを用意しておきながら、これはデザインなのか?というものも多々ありました。

漢字をネタに扱ったデザイン作品を色々ご紹介したのですが、デザインというよりアートなのでは?というものが見受けられまして・・・。(自分でやっておきながら)

さらに言えば、デザイナーでも何でもない人間がデザインを紹介するという、烏滸がましさも自省すべきなのかも知れません。まあでも・・・いいか。笑

ご指摘を受けて興味深かったのは、「デザイン要素寄りの漢字のデザイン」は多々あれど、「漢字要素寄りの漢字のデザイン」はあまりない、ということです。これについては、確かに私もあまりそういうの見ないかも。というか、普段の商業デザインの場に、求められていないという事実がありますからね・・・。まあ、それはともかく。

なんにせよ、漢字界隈(!)において新たな付加価値・意味を見出す一つの機会提供になっておりましたら幸いです。(どうやら、主催側としても、漢字業界に異業界を投入する意味合いもあったようでして。)

他人の番組に社長を呼ぶ

次回(5/21)は一法人の取締役の方が参加されるそうな。漢字×教育×クリエイティブ ということでして、(株)コトバノミカタ様が登場されるとのことです。

あくまでも「漢オタラジオ」は楸さんの番組なのですが、出演交渉はいたりぃさんが行ったとのこと。コメント欄では「他人の番組に社長を呼ぶ」点、突っ込まれておりました。笑

>>楸さんのチャンネルはコチラ

ではでは。

コメント