某アニメ採用、例の書体を買う。

制作

大人気アニメ採用「鬼セット」87%OFF

・・・という訴求力の強い謳い文句にそそられて。よくよく見れば、なんてまあ、楽しそうなフォントだとこと。

ということで、セールのうちに買う也。三千三百円也。安い!

まあ某アニメといっているが、要するに鬼滅である。鬼滅の刃。
アニメで使われたフォントだが、昭和書店というところが制作・販売を行なっている。

使い勝手はこんな感じ。(クリックで拡大)

勝手に、宣伝広告

渋いレッドとビビッドなイエローをキーカラーとしながら、大相撲の懸賞幕を意識した作品に仕立ててみました。

制作側のこだわりを感じる筆致

「陽炎」・「闘龍」の二種類。
以下、所感。(決して、公式のアナウンスではないですよ。)

「陽炎」・・・一画一画丁寧に書かれた、ややスッキリとした漢字。一方、平仮名はダイナミクスを感じさせる。

「闘龍」・・・主張の強い漢字と、かすれが特徴。意外にも、平仮名は曲線美が目立ち、穏やか。

補足として、「漢字」だけ使うのであれば、闘龍がよいかと。(陽炎はイイ子ちゃんなので。)
やっぱり、漢字単体の力強さが滲み出てますし。
でも「平仮名」だけなら・・・陽炎の方がイイ意味でメリハリがあるかなと感じます。
邪魔しないというか。他の要素とぶつからないというか。

決して、まわしものではありません

以下、購入元の「昭和書店」様のサイトを掲載。
セールは・・・終わってると思いますが、イイ買い物させていただきました。

http://showashotai.cart.fc2.com/ca1/242/p-r1-s3/

コメント