再び漢字ミュージアムのボランティアへ!~現代の子供の漢字力~

◆漢字ミュージアムにて、ワークショップ開催!

公式サイトでも告知されておりますが、漢字ミュージアムにてワークショップが開催されています。

先日、私<ツネザワシ>がボランティアとして参加した際に行われていたのは「漢字カルタ」作りのワークショップです。

小学生を対象に、部首を読み札にし、取り札にその部首の好きな漢字を書く、というものでした。
完成後には、そのまま遊べます(笑)

やはり学年もまばらなので、1年生はなかなか苦戦しているようでした。
ただ、「この漢字の部首って何~?」「これは~?」と、ワイワイ楽しみながら着手しており、微笑ましいものでした。

◆現代の子供の漢字力はどれほどか?

そんな中、ある3年生の生徒は先述の「酒」の部首をバッチリ理解していたものだから、私も大変驚きました。どうやら保護者の方によると、幼稚園の頃から漢字が好きで、漢字検定もドンドン受けているとのことでした。
彼は自分のペースで、何を書こうかと迷いながらも、最後まで粘り強く制作していました。

漢字カルタ作りに限らず、漢字ワークやプリント学習など、一見すると、はやく且つ正しく終えた生徒が優秀、と見えてしまうかも知れません。しかし、実際は全くそんなことはありませんね。

また話は変わりますが、最近は「さんずい」が水にまつわる漢字の部首であることを知らない生徒も増えてきているようです。
実際、堀江中学校に訪問した際、国語の先生から、そうお聞きしました。
なかなか生徒の漢字力低下というのは悩みの種のようでした。

しかし堀江中学校の(放課後漢字学習に参加した)生徒たちは、大変、漢字に関する興味関心に溢れていたと感じます。
学ぶための基礎となる、「気持ち」の部分は十分整っているのです。
あとは、いかにベースとなる部分を保ちつつ、よい方向へアレンジしていくか。

◆だからこそ必要な漢字力

放課後漢字学習はあくまでも一例ではありますが、今後も子供たちがに向けて楽しみながら漢字を学べる講座を開催したいと考えております。
勿論、子供だけではありません。
漢字に限らず国語力は「学生」たちにも、そして「社会人」になってからも絶対に必要なスキルです。

今後は、広い世代に向けて漢字を理解する、学ぶ、そして楽しむための企画を現在検討中です。
こちらのHP・ブログ・ツイッターなど、また告知予定です。

では最後になりますが、講座開催、文章執筆など、ご依頼・お問い合わせなど、気軽にご連絡ください。
t.tsunezawa1990@gmail.com

ツネザワシ