「名前の漢字」の意味を探る

penguin
★自分の名前の漢字…身近過ぎると意識しないもの?
突然ですが、皆さんは「自分の名前に使われている漢字」を意識したことはありますか?
小学生のとき、学校の宿題で名前由来を家族に訊いてきなさい…というものがありましたが、厳密に漢字の「意味」まで知っている方は少ないのではないでしょうか。

どうしてこんな話をしているかというと、今、私(=ツネザワシ)は世の中の人々の、「名前の漢字」に興味を持っています。いや、持ち出しました。
さらに言うと、世の中の人々に、漢字に興味を持ってもらうために身近な話題である、「名前の漢字」を題材に選択した、ということなのです。ちょっと、実のところを申し過ぎましたね(笑)

単純に、漢字の話をするのでは、なかなか興味というのは湧きにくいと思います。
それこそ、テレビの漢字クイズならまだしも、漢字を楽しく理解してもらうことは非常に難しいと感じます。
だって、みんな漢字の話題なんて普通しないでしょ?
…という本音もあります(笑)

ところが「名前」となると、意外と皆さん関心を持っているのです。
あなたの名前の漢字、それは〇〇という意味があるんですよ~というお話をすると、たいがいは、皆さん驚かれたり、いたく納得されていたり、とてもよい反応をしていただけます。
やはりそれだけ名前というのは重要なファクターなのですね。

★「ペンギン」という漢字!?
…ところで何故ペンギンなのか?
実は先日、漢字縁日のボランティアの際に、ペンギンの話があったのです。
たまたま、企画の一つである、漢字釣り(※魚釣りの要領で、漢字のしおりを釣っていただけるゲームです)をしていたお子様が、「ペンギンはいないの~?」と問いかけたのです。
※祇園四条にオープンした、漢字ミュージアムにて、夏季の間にお楽しみいただけます。
是非とも、お越しください!

単にそれは、ペンギンのしおりがないか、という趣旨の発言なのですが…
賢明な読者の皆様の察する通り、漢字釣りには、鯛・鰻・海月といった、漢字で表せる生き物しか、いなかったのです。

ただここで小話をすると、ペンギンを敢えて漢字で書くならば、「企鵝(キガ)」と書くことはできます。
さらに言うと、沖縄には「辺銀(ペンギン)」という名字の方がいます。
「えっ!?」と思わず声が出てしまいそうになりますが、どうやら中国の方が帰化された際の、名字のようです。最近はこちらの食堂が人気を博しているようで…
某オシャレ雑誌にも取り上げられていましたね。

★「名前」があるということ
名字にせよ、名前にせよ、名をつけるという行為には大変意味があります。
勿論、名を呼ぶということも、非常に奥深いことです。
言霊や、諱(=忌み名)といった概念があるぐらいですから、我々が名前に関心を持つというのも、何か古来よりの潜在的な意識が、あるのかもしれません。

名前の由来やルーツなど学習したい方には『日本人なら知っておきたい 名前の由来、名付けのいわれ』実業之日本社:大野敏明 がオススメです。

このあたりの話題は、また今度。
ペンギンの話もしたいですが、長くなるので、やっぱりまた別の機会で。
以上、名前の話でした。